SSブログ
前の10件 | -

村田兆治さん [思うこと]

逮捕された後にテレビカメラに映し出された表情は、怒りそのものでした。

空港の検査で何度もやり直しをさせられた末に、「俺がハイジャックなんかするわけないだろう!」という考えでキレて強引に通過しようとした行為が暴力とみなされてしまったのでしょうね。

ただ冷静に考えれば、空港職員は職務を全うしているだけなんですが。。。

私も認知症の母親が自分が病院にいることが理解できず、帰ると言い張り看護師さんに暴力をふるったことを思い出してしまいました。

認知症の症状であるがゆえの、理性というブレーキが効かない怒りそのものです。

症状の軽重はあると思います。

村田さんは冷静さを取り戻したとき、かなりの自己嫌悪に陥ったのではないかと思うのです。

「マサカリ投法」カッコよかったです!

私もついついカッとなった時に俯瞰、いわゆる客観的に自分を見るように心がけています。

後悔しないためにも。。。

DSC01616.JPG




nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無人販売餃子 [思うこと]

私の地元にも出店したのですが一年もたたず店じまいとなりました。

テレビのニュースで料金を払わず店をでる窃盗犯の姿がでてましたが、やはり経営形態としては危ういものだったのでしょうね。。。ちなみに我が町の治安はイマイチです(笑)

しかしながら家族のリクエストで一度だけ購入してみました。

確かに味は悪くありません、でも値段が高いというのが正直なところでした。

通常のスーパーの冷凍餃子のおよそ倍です。

なので二回目はありませんでした。

また、通りすがりにその店に客が入っているのを見たことがありませんでした。

マーケティングの観点からすれば、飲食業の生き残るポイントはリピーターを作れるかどうかというところですから、それを考えると失格だったのでしょうね。

人件費を削っているわけですから、価格を下げればよかったのかもしれません。

そうそう、ちなみにその店舗ですが、古くはツッパリ御用達の衣料品店から始まり、花屋、靴屋、そして無人餃子屋と続いていました。

思えば一番長く続いたのは昭和の時代の衣料品店でした。

ちなみに友人の付き合いで一度だけ店に入ったことがありましたっけ。

いかんせん、ツッパリ君の洋服は結構値段が高いので私には高嶺の花でした(笑)

DSC01629.JPG


nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プーチンとトランプ

プーチンは戦争が思うようにいかないと手下のせいにして、トランプは中間選挙の結果が思わしくないと手下のせいにする。

似てますね、この二人。

自分のことは棚に上げて人のせいにする。。。倒産寸前の会社社長のようです。

会社なら倒産すればいいですが、国家だとそう単純にはいかないのがいろいろと厄介なところ。。。

そうそう、この二人で思い出すのが、プーチンとアベ・トランプと金のそれぞれのツーショット映像。

堂々とした(悪く言うと「ふてぶてしい」)白人と緊張して薄ら笑いのアジア人。

いろいろご意見はあると思いますが、なんかこう、「もうちょっと凛々しくしようよ」とその時思ったしだいです。

別に虚勢を張ればいいというものでもありませんが、アジア人の性格が出ていたように思います。

世襲企業で「三代目が会社をつぶす」とよく言われていますが、三代目の金さんどうなることやら・・・

しかし他国のことばかり言っていられない気がします。

すぐに大臣を更迭できないって、どなたかにお伺いをたてないとだめなんでしょうね。

まるでNHKの大河ドラマのようにアベ・スガ・キシダという鎌倉殿にたいして、やはり執権なる人物が今の時代も存在しているように思えてなりません。。。

DSC01636.JPG




nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

修学旅行 今と昔

我が子が高校の修学旅行から帰ってまいりました。

昔は制服が当たり前でしたが、今は私服でOKだそうです。

昭和の時代、先生の出発前のセリフで印象深かかったのは「他校の生徒と問題をおこさないように。また喫煙飲酒が発覚した場合は親に迎えに来させて帰らせる!」。。。(笑)

あ!それと先生いいことも仰ってました。

「これだけの人数で旅をするのは、人生でこれが最後だと思います。」

確かにその通りでしたね。

さてさて、我が子と言えば平和に沖縄を満喫してきたようで、スマホの写真や動画を見せてくれました。

ひめゆり平和祈念資料館にも行ったようで、沖縄戦で民間人の三人に一人が亡くなったことを学んでおりました。

親父としては、戦争絶対反対ということを肝に銘じてくれればそれでOKです。

以前も思いましたが、子育ての速さをさらに痛感しております。

アルマゲドンという映画で、主人公のブルースウィルスが、地球に向かってくる小惑星を自らを犠牲にして爆破する間際に、記憶に蘇る映像が自分の人生ではなく、幼いころからの娘の映像なのですが、それが納得できる境地なって参りました。

幼いころに我が子にせがまれて、自転車に乗せてあっちこっちの公園に行ったこと、その時は子供のためでしたが、今思えばそれは自分自身の思い出作りのためだったと。

きっと魂の故郷へ帰る間際に思い出すのでしょうね。。。

DSC01622.JPG




nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘイトクライム(憎悪犯罪) [思うこと]

朝鮮学校の生徒への暴行事件があったとのこと。

JRで朝鮮学校の生徒に対して「日本にミサイルを飛ばすような国が高校無償化とかいうな。」と威嚇して足を踏んだそうです。

情けないですねぇ、学生に言ったってしょうがないことです。

ミサイル飛ばしてるのは大将軍様とその配下です。

でも、令和でよかったですね、昭和の時代朝鮮学校といえば下手な日本人のツッパリ高校生よりも恐ろしい集団でしたから、逆にボコボコにされちゃったでしょうね。。。というか大人でも近寄りがたかったでしょう(笑)

昭和40年代、近所の河川敷に朝鮮人部落がありました。

そこから学校に通ってくる同級生もいて、そろばん塾が一緒だったり、出席番号が私の後だったこともあり、一人の友人がいました。

思い出深いのは、当時連絡網というのがあり、何か緊急の連絡があった場合、先生からスタートして出席番号順に電話で連絡をしていく伝言ゲームのようなものです。

ところが河川敷では電話が引けないため、実際に家まで行かねばならず、母親がビビって一緒についてきてくれと言われて同行したことが一度だけありましたっけ。

とはいっても,我が家だって電話が引けたのは私が小学校二年のときでしたから、とても偉そうには言えないですけどね(笑)

さてさて、朝鮮人だ中国人だと同じ黄色い顔して何だかなぁの世界です。

どこの国の人だろうが良い奴もいれば嫌な奴もいる。

それが人間だと思うのです。

DSC01612.JPG



nice!(23)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

バ・イ・ク [思うこと]

「ま・く・ら」、「もひとつま・く・ら」、「どこからお話ししましょうか」柳家小三治師匠の作品を読み終わりました。

となれば「バ・イ・ク」も購入(笑)

評判では「ま・く・ら」から比べると今一つの評判でしたが、私的には大変面白かったです。

というのも年取ったらバイクの免許を取ろうと思っていたからです。

諸事情で無理となってしまいましたが。。。

でも、人生を必然と考えますと、「酒飲みのお前はペーパードライバーでOK、なおかつバイクはダメ」とご先祖様に言われているようで(笑)

そうなんです。ご先祖様は子孫に供養を強いたりしません、むしろ気遣ってくれてるんです。

だからこそ感謝できるのです!

話がずれました(笑)

「バ・イ・ク」のおすすめポイントは、笑いあり人情あり事故ありと飽きさせません。

作者の一文を引用させていただきます。

「ともかくオートバイが好きなんですよ。人間が好きなんですよ。オートバイを愛し、人を愛し、地球を愛してたらば、むこうも敵とは思わないでしょう。愛を感じたら敵とは思えませんよ。」と思うんだ、俺は。


DSC01642.JPG

本の帯の追悼の文字が悲しいです。











nice!(21)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

町中華 [思うこと]

好きだった地元の中華屋さんが閉店しました。

糖尿病と診断されてから行けなくなってしまっていたのですが、店はまさに昭和の食堂でした。

時代を感じさせるテーブルとイス。。。座り心地はあまりよくないんですけどね(笑)

番組名は忘れましたけど、ドラマの撮影でお店の外観がバッチリ映っていた時は嬉しかったです。

中華屋さんなんですけど、ここのカツカレーが好きでした。

店自体もそこそこ繁盛していたのですが、通っていた当時で。店のご夫婦はそこそこお歳でしたので、それで店を閉めたのだろうと思います。

思い起こせば、今の居住地に引っ越してきた当初は、ちょっとした商店街があり、駄菓子屋があり、銭湯があり、そうそう交番もありましたっけ。

今では交番すらありません。

まさに閑静な住宅街(すみません、そんな上等な場所ではありません(笑))となりました。

でも考えまするに、自分の記憶の中に刻まれていれば、「それはもう、それでいいこと。」なのだろうと思うようになりました。。。歳ですねぇ(笑)

DSC01606.JPG







nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

亀戸の船橋屋 [思うこと]

父親がここのくず餅が好きでした。

親戚の方などは、わざわざ途中下車して買ってお土産に持参してくださったりして。

私もご相伴にあずかりましたっけ。。。

さてさて、ここの社長が交通事故おこしたそうで。。。

高級外車に乗っていた社長の言い分が、とても商売人の語り口ではないことがドライブレコーダーで記録されており、正直がっかりです。

なんでもこの社長八代目だそうで、いよいよ店を傾けさせる人物が登場してきたようです。

あくまで私事ですが、私は世襲というのが嫌いです。

特に政治家、何でも岸田さん、息子を首相秘書官にしたそうで・・・

まぁ諸先輩方に世襲がたくさんいれば「僕だっていいじゃないか。」となりますよね(笑)

そうそう亀戸と言えば今は亡き飯島愛さん。

昔の番組でゲストに宇梶剛士さんが出演されたとき、「あんたんとこにさぁ、私の友達いじめられたんだからねぇ。」という発言をいまだに覚えております(笑)

宇梶さんと言えば若かりし頃に暴走族の頭だった方、飯島さんと言えば亀戸のツッパリ姉さんだった方。

きっと若い頃は、いろいろあったのでしょう。街を歩けば××(暴走族の名称)参上という落書きがあっちこっちにありましたから(笑)

ちなみに船橋屋の八代目1964年生まれとのこと、若いころはヤンチャだったのかもしれませんが、いまとなっては「いい年して何やってんだい!」とご先祖様が怒っているような(笑)

DSC01571.JPG




nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

六代目円楽さん

30日肺がんで亡くなられたとのこと、享年72。

実は昭和の時代、一度だけお目にかかっています。

水道橋の飲み屋で仕事仲間と飲んだくれて店の扉を出た瞬間、「あ!瀬古さんだ!!」と20代の酔っぱらいの私はびっくりしていました。

すると瀬古さん(本当は楽太郎さん)もびっくりした顔をされて、ガタイのいいお連れの方が笑っていたのを今でも覚えています。

すれ違って酔っていながらもよ~く考えますと「いや違う、楽太郎さんだ!」と気が付いたんです(笑)

当時の楽太郎さんはプロレス好きで、後楽園ホールで試合が終わった若手を連れて飲みに来られていたようです。

そうそう後年、総武線の某駅で飲んで、帰り際、改札付近で少し離れた場所にいた今は亡き田辺一鶴さんをお見掛けして酔っぱらいの私は「師匠!」と叫んで、飲み仲間殿に制止されたことがありましたっけ(笑)。。。いや、あの時は飲み仲間殿に「一鶴さんがいますね。」と教えてもらって叫んだような・・・本当にアホです(笑)

しかしながら、ただただ良い思い出を本当にありがとうございました。

そしてお疲れさまでした。

DSC01609.JPG





nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コロナより 消費税が 恐ろしい [思うこと]

食品の価格上昇が止まりません。

値段が上がれば、消費税も増えます。

与党の先生方や役人さんは税収が増えれば万々歳です。

本当に国民のことを思うなら、食品の消費税を減税するべきです。。。やらないでしょうけど(笑)


さてさて、ちょっと思い出したこと。

終戦後、しばらくして母親の叔父が復員のあいさつにやって来た時。

その叔父が家の中で倒れる事態となりました。

いかんせん陸の孤島のような田舎のため、病院なんてありません、町医者を呼びに行って戻って来るまでに時間を要しました。

診断の結果、チフスと判明。

恐らくは戦地もしくは帰りの船で感染していたのでしょう。

まさかの事態ですが、病人を追い返せるわけもなく、家での看病が始まります。

そして、その結果、家の家族七人中三人が感染。

その一人、母の母は亡くなりました。

恐らくは家族全員が感染していたはずです。

しかし、その症状には大きな差があるということ。

それが感染症だと思います。

幸いにも叔父は一命をとりとめました。

ちなみに私は麻疹をやっていません。

おたふく風邪は二回やったような(笑)。

水疱瘡は我が子が保育園でもらってきたので慌ててワクチン接種しましたっけ。

当時、我が母は元気でしたので一応聞いたのですが「お前やったんじゃない」とのこと。。。「聞いてないよ~」です(笑)

昭和の時代、ワクチンなんてツベルクリン検査の結果で陰性ならBCGワクチン打ったくらいで、あとは「一回かかっときゃいいんだよ。」という風潮でした。

コロナが怖い人はそれなりの対処をすればいいし、怖くない人は個人的に黙って戦えばいいし、人それぞれでいいと思うのです。

DSC01329.JPG




nice!(24)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -